海外旅行の際の予防接種

海外旅行に行く際の予防接種には、主に2つの理由があります。1つは、入国時などに予防接種を要求する国や地域がある為。もう1つは、海外で感染症にかからないようにするためです。海外に行く際に受けるべき予防接種はどのようなものなのでしょうか。

海外旅行に行く際に受けるべき予防接種

海外旅行に出かける際にはいろいろな準備を行なう必要があります。
その中の一つに予防接種があります。
渡航するときには必ずワクチンを接種しなければなりません。
なぜワクチンを受ける必要があるのでしょうか。
その一つの理由は海外で伝染る可能性のある感染症から自分自身の体を守るためです。
もう一つは、予防接種を要求する国があり、その要求にこたえるために受けます。
アフリカの熱帯地帯や南米などでは黄熱予防接種証明書の提示を入国時に求められることがあります。
それらの国々に出かける際には、黄熱病の予防接種を受けていない行かなければなりません。
海外に出かける際には予防接種としてどのようなものを受ける必要があるのでしょうか。
例えば長期間滞在するのであるならば A型肝炎の予防をしていく必要があります。
また山登りや自然を探索するなどで怪我をする可能性があるなら、破傷風の予防を受ける必要があります。
また絶対に受けておくべきワクチンに狂犬病があります。
日本では狂犬病はすでになくなったといわれていますが、海外ではいまだに狂犬病によって死ぬ人が出ています。
特にコウモリや野犬といった動物が多く発生している地域に行く場合には必ず狂犬病の予防接種を受けるようにいたしましょう。
他にも B型肝炎やポリオといったワクチンを受ける必要があります。
どの国や地域に渡航する時にどの予防接種を受けたら良いのかよくわからないということがあります。
厚生省のホームページにはその情報を載せています。
あくまでも目安ですが参考にすることができます。
こうした予防接種は2、3回接種する必要のあるものもあります。
ですから、十分まえもってワクチンを受けておくようにお勧めいたします。