海外旅行の際の予防接種

海外旅行に行く際の予防接種には、主に2つの理由があります。1つは、入国時などに予防接種を要求する国や地域がある為。もう1つは、海外で感染症にかからないようにするためです。海外に行く際に受けるべき予防接種はどのようなものなのでしょうか。

インフルエンザの予防接種をすれば薬を飲まないでよい

日本では毎年のように流行感冒症が見られます。熱や咳、嘔吐、下痢に悩まされている人を沢山見ることができます。流行感冒症のなかでもインフルエンザ感染が非常に問題になっています。子供や高齢者といった免疫力や抵抗力が弱い人が感染すると、熱や下痢の症状のほか肺炎や脳症を併発する人も多いからです。子供が脳症になると後遺症が残ることもあり、問題が多い傾向にあります。その為流行前に必ず予防接種など対策を講じることが大事です。予防接種で対策を講じていると、感染確率も飛躍的に低下し、リレンザやタミフルといった薬を飲まないでよくなります。特に子供がタミフルを飲まないでよくなることは非常に安心だと言えます。インフルエンザの治療薬であるタミフルは青少年が飲むことで、奇行などの異常行動などの副作用が稀に確認されています。異常行動の副作用によってマンションの高層階から飛び降り命を落とす青少年が稀に存在します。そのため青少年ができるだけタミフルを飲まないで済むと言うことは、命を落とすリスクを軽減することにも繋がります。しかしながら疲労やストレスがたまっていると予防接種をしていてもインフルエンザに感染することがあります。こうした場合は必ず医療機関を訪ね専門治療薬で治療することが必要不可欠です。しかし青少年の場合タミフルの副作用が懸念されるので、医師と相談してリレンザの処方に切り替えてもらうことが大事です。リレンザはタミフルと同様インフルエンザの専門治療薬ですが、奇行や幻覚など異常行動の副作用は確認されていません。また飲み薬ではなく吸入薬であるために、他の持病があり薬の服用をしている人にとって薬の副作用などの問題も回避することができます。