海外旅行の際の予防接種

海外旅行に行く際の予防接種には、主に2つの理由があります。1つは、入国時などに予防接種を要求する国や地域がある為。もう1つは、海外で感染症にかからないようにするためです。海外に行く際に受けるべき予防接種はどのようなものなのでしょうか。

予防接種受けても死者がでる場合職場環境を整える

感染症の予防として役立っているのが予防接種ですが必ずしも罹患しないわけではありません。
重症化を防ぐ効果もあり、軽症の症状のみで経過する場合もあります。
予防接種を受けていたとしても死者がでてしまった事例もあります。
それは免疫力が低下している人が多く集まる場所といえば簡単に想像でき、病院や老人施設がそれに当たります。
急速に感染が広がり、予防が困難な状況に陥ってしまう場合もあります。
いかに予防接種の予防効果を高める環境を作れるかという点も問題となります。
特に冬にはノロウイルスやインフルエンザによる死者の話を聞く機会が多くなります。
この時期は喉や鼻の粘膜が乾燥してしまい、罹患しやすくなっています。
特に高齢者には基礎疾患や体力的な問題もありますが、予防接種は推奨されています。
その理由としては、インフルエンザの予防接種を受けていない死者のうち、約80%は予防接種を受けていれば、死亡しなかった可能性が高いデータがでているためです。
高齢者だけでなくとも若者にも当てはまります。
最近の若者の中には過剰にダイエットをしたり、仕事によるストレスなどで免疫が弱りやすくなっています。
そのため罹患してしまい、治療を怠るとなくなってしまう可能性は十分にあります。
そのためには予防接種だけではなく、日頃からの予防も大切になってきます。
特に気をつけたいのが室内で仕事をする職場です。
その場合、一人が罹患してしまうと空気感染してしまい、簡単に罹患しやすい状況をつくってしまいます。
十分な換気を行い、環境のよい職場を作っていく必要があります。
自分自身が罹患した可能性が高い場合には早期に医療機関を受診し、感染の拡大を防ぐためにも職場に行かない事も必要になります。